新型コロナウィルス感染症対策 利用人数を制限させていただきます 2020/04/24
5月11日から新型コロナウィルス感染症の対策のため、デイケアや小規模多機能の利用人数を制限させていただきます。また、デイケアでの、リハビリやリハビリ器具の利用を一時中止とさせていただきます。リハビリについては個別の訪問リハビリを行う予定です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
新型コロナウィルス感染症対策 予約診療制を導入します 2020/04/24
2020年4月27日(月)から新型コロナウィルス感染症対策として、予約診療制を導入します。
「定期処方の患者さん」と「風邪症状のある患者さん」の受診時間を分けます。風邪症状のある方はあらかじめ電話で問い合わせを行ってから受診ください。
病状の安定した定期処方のみの患者さんは、一時的な処置として診察なしで問診のみで28日分の処方を行います。なお、初診患者さんや病状の変化がある患者さんは診察が必要です。
職員待遇改善への取り組み 2020/03/01
医療法人としての職員待遇改善への取り組み
当院は、医療と介護の連携による地域包括ケアの推進、施設をなるべくオープンにし、常に情報を開示することで、不正や虐待などをなくし、地域住民の皆様に安心してご利用頂ける施設をめざしています。
現在、当法人と薬局(ミクラさん)や調理施設(栄食さん)、医療事務(クリニック)などの関連機関を含めると100名近い職員さんが「メディカルホームしきじ」周辺で勤務されています。すべての職員さんが安心して働ける環境を作り、元気で職務を行っていただくことが、患者さんの安全や健康を守ることになると考えています。
当法人では、職員の離職率の低下、勤務環境の改善を目指して、以下の取り組みを行っております。
1) 年間休日を増やす(年間の休日は115-118日)
2) 年間収入を増やす(夏、冬の賞与+決算賞与,2019年実績は4.5か月)
3) 有給休暇の取得を促進する(2019年の有給休暇取得率85%)
4) 介護休業、育児休業を取得の推進(2016年度2名、2017年度2名、2018年2名)
5) 介護休暇、子供の看護休暇の運用(半日単位)
6) 休憩施設、研修施設の充実(しきじカフェ)
7)特定処遇改善加算の導入

鈴木内科 理事長 鈴木直紀
新型コロナウィルス感染症の対策について 2020/03/01
新型コロナウィルス感染症の対策について
入院患者さんの面会について:風邪症状のある方や小児の方のご面会をお断りしています。また、不要、不急のご面会はなるべく控えていただくようにお願いしています。
外来患者さんについて:コロナウィルス感染が強く疑われる場合はまずお電話でご相談ください。風邪症状のある方(咳、発熱など)には、マスクを着用いただき、別の部屋で待機いただく場合があります