title
title
title
title

お知らせlogin

メディカルホームしきじにおけるクラスターのご報告 2023/01/22
サービス付き高齢者向け住宅・介護施設「しきじ苑」において、介護職員3名、利用者3名がコロナ陽性であることが判明しました。現在、陽性者の方に対しては隔離措置や服薬治療などを開始しています。感染予防のため、当面の間、当施設内への立ち入りを制限させていただいております。現在のところ、ほかの部門、入院や外来での感染者の報告はありません。
1月21日現在、外来、入院については通常業務を継続しています。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
クラスター終息のお知らせ 2022/12/05
2022/12/3で小規模多機能のクラスターは終息いたしました。12/4から通常の感染対策に戻しています。12/5からは、小規模、サ高住、デイケアともに通常利用となっています。
この度は皆様には大変ご迷惑をおかけしました。今後ともよろしくお願いいたします
小規模多機能居宅介護でのクラスター発生のお知らせ 2022/11/20
2022/11/20、当院に隣接する介護施設「小規模多機能居宅介護:しきじ苑」において新型コロナのクラスターが発生しましたのでご報告いたします。11/20の時点で、職員2名、利用者5名の感染が確認されています。現在、小規模多機能型居宅介護は業務を縮小して、感染対策を重点的に行っております。保健所などの行政機関とも連絡を取りながら、利用者さんの安全確保を優先して業務を行っております。ご迷惑をおかけしますがご協力よろしくお願いします。
年末年始の休診日のお知らせ 2022/09/25
2022年12月30日(金)から2023年1月3日(火)まで、鈴木内科は、年末年始の休診とさせていただきます。
なお、12月30日と1月3日は、通所リハビリの営業を行います。
また外来も「かかりつけの患者さん」の急患に対応させていただく予定ですので、何か変わったことがあればご連絡ください。
(重要)インフルエンザ予防接種に関するお知らせ 2022/09/25
2022年10月1日からインフルエンザ予防接種を開始いたします。入居者さんや通所患者さんについては、インフルエンザ予防接種の希望を確認させていただきます。
通所リハや小規模多機能の利用者さんへのインフルエンザ予防接種は、10月11日から開始を予定しております。
ご協力よろしくお願いします。
2022年8月16日から外出制限、面会制限を緩和します 2022/08/12
2022年8月1日から、新型コロナウィルスの流行、当院(鈴木内科)でのクラスター発生などのため、面会や外出を一時的に中止しておりました。8月16日から、キーパーソン2名までのご家族の面会、一日3時間までの飲食を伴わない外出を再開させていただきます。今後の流行状況によっては、制限を再開することがありますのでご了解ください。今回のコロナウィルスは非常に感染力が高く、容易にクラスターとなります。皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いします。
2021年6月1日からサービス付き高齢者向け住宅の外出制限緩和 2021/05/23
住民さんや職員への新型コロナ予防接種が終了したことから、2021年6月1日から、住民の皆様の外出制限を一部緩和いたします。飲食を伴わない外出(家に帰る、散髪、美容室、銀行など)は、6月1日から許可制で可能となります。ただし、レストランや喫茶店などの飲食を伴う外出は禁止します。住宅内への面会制限は引き続き行いますので、許可のない方のメディカルホームへの立ち入りは禁止します。今後の、吉野川市市内の感染状況によっては、再び外出制限を強化することがありますのでご了解ください。
新型コロナウィルス感染症対策 利用人数を制限させていただきます 2020/04/24
5月11日から新型コロナウィルス感染症の対策のため、デイケアや小規模多機能の利用人数を制限させていただきます。また、デイケアでの、リハビリやリハビリ器具の利用を一時中止とさせていただきます。リハビリについては個別の訪問リハビリを行う予定です。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
新型コロナウィルス感染症対策 予約診療制を導入します 2020/04/24
2020年4月27日(月)から新型コロナウィルス感染症対策として、予約診療制を導入します。
「定期処方の患者さん」と「風邪症状のある患者さん」の受診時間を分けます。風邪症状のある方はあらかじめ電話で問い合わせを行ってから受診ください。
病状の安定した定期処方のみの患者さんは、一時的な処置として診察なしで問診のみで28日分の処方を行います。なお、初診患者さんや病状の変化がある患者さんは診察が必要です。
職員待遇改善への取り組み 2020/03/01
医療法人としての職員待遇改善への取り組み
当院は、医療と介護の連携による地域包括ケアの推進、施設をなるべくオープンにし、常に情報を開示することで、不正や虐待などをなくし、地域住民の皆様に安心してご利用頂ける施設をめざしています。
現在、当法人と薬局(ミクラさん)や調理施設(栄食さん)、医療事務(クリニック)などの関連機関を含めると100名近い職員さんが「メディカルホームしきじ」周辺で勤務されています。すべての職員さんが安心して働ける環境を作り、元気で職務を行っていただくことが、患者さんの安全や健康を守ることになると考えています。
当法人では、職員の離職率の低下、勤務環境の改善を目指して、以下の取り組みを行っております。
1) 年間休日を増やす(年間の休日は115-118日)
2) 年間収入を増やす(夏、冬の賞与+決算賞与,2019年実績は4.5か月)
3) 有給休暇の取得を促進する(2019年の有給休暇取得率85%)
4) 介護休業、育児休業を取得の推進(2016年度2名、2017年度2名、2018年2名)
5) 介護休暇、子供の看護休暇の運用(半日単位)
6) 休憩施設、研修施設の充実(しきじカフェ)
7)特定処遇改善加算の導入

鈴木内科 理事長 鈴木直紀
foot